一般社団法人日本建築学会東海支部

その他

2017年度

  • まちづくり広場・東海2017

    市民活動団体、行政、大学研究室等による建築・都市に関わる活動事例のパネル展示を行います。
    パネル展示スペースを使った資料配布等も大歓迎です。
    現在、出展団体を募集中です。
    また、今年は、「人口減少時代における地域住民組織によるエリアマネジメント」をテーマとした講演会の開催を併せて予定しております。
    出展希望ご希望の方は、7月31日までに中部大学・松山明まで ご連絡下さい。
      (E-mail:matsuyamaakira@isc.chubu.ac.jp)
    なお、ポスターの印刷を希望される場合、8月20日原稿提出締切です。

    展示期間:2017年9月12日(火)~9月24日(日)   ※19日(火)は休館
        開始時間:10:00
        終了時間:火~金18:00、土・日17:00
        講演会:2017年9月16日(土) 13:00~16:30
          場所:名古屋都市センター(中区金山町1-1-1 金山南ビル11階)
    主催:一般社団法人日本建築学会東海支部 都市計画委員会
    共催:公益財団法人名古屋まちづくり公社 名古屋都市センター
         出展募集チラシはこちら
         出展ガイドはこちら
         ご案内はこちら

  • 建築ウォッチング「中京テレビ新社屋見学 ~日本の真ん中、名古屋の真ん中から、あなたの真ん中へ。テレビの現場~」

    主催:日本建築学会 東海支部 事業委員会
    日時:10月14日(土)13:30~16:00 (13:00から受付開始)
    見学先:中京テレビ社屋(名古屋市中村区平池町四丁目60番地11)
    参加費:無料 申込方法:詳細は下記の通りです
         9月25日(月)までに、一般・学会会員の別・氏名・年齢・生年月日・性別・住所・
         連絡先(E-mailアドレスまたはFAX番号)を明記のうえ、E-mailまたはFAXにて
         お申し込みください。
         これらの情報は、集合場所等の連絡や当日の保険加入手続きのためにのみ使用します。
    申込先・問合せ:
          日本建築学会東海支部「建築文化週間 建築ウォッチング」係宛
           E-mail;tokai-sibu@aij.or.jp  FAX:052-201-3601
           ご案内はこちら
           締切後に、参加の可否等についてご案内いたします。
    注意事項:
    1. 集合場所・時間の厳守をお願いします。当日は出来るだけ公共交通機関をご利用ください。
    2. 見学中は引率者の指示に従って集団で行動してください。機械設備類に手を触れないように
    注意してください。また、動きやすい服装・靴でご参加ください。
    3. セキュリティ関係上社屋内での撮影等はご遠慮ください。

  • 親と子の都市と建築講座「建物のエネルギー利用を見てみよう」

    我々のエネルギーを支える天然ガスについて、LNGターミナル、東邦ガス技術研究所を見学して学びます。名古屋よりバスにて移動します。

    主催:日本建築学会 東海支部 環境工学委員会
    日時:8月7日(月) 13:00~18:00(12:30から受付開始)
    見学先:東邦ガス知多LNG 共同基地/東邦ガス総合技術研究所・ガスエネルギー館
    集合場所:名古屋駅新幹線口
    定員:先着30 名(小学生以上のお子様とその保護者)※小学生高学年以上
    申込方法:講座名( 親と子の都市と建築講座)・参加者の氏名・連絡先を記入して
         メールかFaxでお送りください。
         ※個人情報は厳正に管理しこの見学会管理以外には使用しません。
    申込締切:7月31日(月)
    申込先:Email:simpo@yoonlab.net      Fax:052-721-3175
    ※プログラム詳細案内ポスターはこちら
    →台風5号接近により、見学施設閉鎖のため、中止となりました。

  • 日本建築学会東海支部総会

    日時:2017年5月27日(土) 13:30~15:00
    会場:名古屋商工会議所ビル 9F (名古屋市中区栄2-10-19)
    ※休日のため1階正面入り口は閉まっています。ビル東側からご入館ください
     当日総会をご欠席される支部会員は、建築雑誌3月号にとじ込みの「支部総会委任状」ハガキをご送付ください。

    →終了しました

2016年度

  • 建築ウォッチング「JPタワー名古屋 ~次世代超高層オフィス拝見」

    リニア中央新幹線は2027年度に東京―名古屋間が開業予定であり、名古屋駅周辺はその拠点性や利便性がさらに高まり、今まで以上の活性化が期待される地域です。古くからこの地にあった旧名古屋中央郵便局名古屋駅前分室は、その一翼を担うべく2015年11月11日に「JPタワー名古屋」として生まれ変わりました。高層棟は地上40階、地下3階、塔屋1階、高さ195.74mの超高層オフィス、低層棟は市内交通の核の1つとなるバスターミナルに、オフィス利用者の利便性も考慮した約700台の駐車場を併設しています。「JPタワー名古屋」は自然換気システム、Low-Eペアガラス、雨水貯留槽の設置、低層棟への大規模な壁面緑化など、さまざまな環境対策でCO2排出量の削減を図るとともに、自然災害に対するオフィスワーカーの安全とBCPについて対策を図るなど、周囲環境とオフィスワーカーに配慮した次世代オフィスとして建設されました。是非この機会にご見学ください。

    主 催:日本建築学会 東海支部 事業委員会
    日 時:10月8日(土)13:30~16:30
    見学先:JPタワー名古屋(愛知県名古屋市中村区名駅一丁目1番1号)
    集合場所:締切日以降に参加申込者へ連絡予定
    解説者:東 正典(株式会社 日本設計)
    対 象:一般 ※小学生以下は保護者同伴でお願いいたします
    定 員:30名(申込先着順)
    参加費:無料
    申込方法:詳細は下記の通りです
         9月26日(月)までに、一般・学会会員の別・氏名・年齢・生年月日・性別・住所・
         連絡先(E-mailアドレスまたはFAX番号)を明記のうえ、E-mailまたはFAXにて
         お申し込みください。
         これらの情報は、集合場所等の連絡や当日の保険加入手続きのためにのみ使用します。
    申込先・問合せ:
          日本建築学会東海支部「建築文化週間 建築ウォッチング」係宛
           E-mail;tokai-sibu@aij.or.jp  FAX:052-201-3601
           ご案内はこちら
    注意事項:
    1. 集合場所・時間の厳守をお願いします。当日は出来るだけ公共交通機関をご利用ください。
    2. 見学中は引率者の指示に従って集団で行動してください。機械設備類に手を触れないように
    注意してください。また、動きやすい服装・靴でご参加ください。
    →終了しました

  • まちづくり広場・東海2016

    市民活動団体、行政、大学研究室等による建築・都市に関わる活動事例のパネル展示を行います。
    パネル展示スペースを使った資料配布等も大歓迎です。
    現在、出展団体を募集中です。
    また、今年は、建築学会130周年記念支部企画まちづくり講演会の開催を併せて予定しております。
    出展希望ご希望の方は、8月31日までに中部大学・松山明まで ご連絡下さい。
      (E-mail:matsuyamaakira@isc.chubu.ac.jp)
    なお、ポスターの印刷を希望される場合、8月31日原稿提出締切です。

    展示期間:2016年9月13日(火)~9月25日(日)
        開始時間:10:00
        終了時間:火~木18:00、金20:00、土・日17:00
    活動報告会:2016年9月24日(土) 13:00~14:00
    まちづくり講演会:2016年9月24日(土) 14:00~16:00
         ご案内はこちら
    場所:名古屋都市センター(中区金山町1-1-1 金山南ビル11階)
    主催:東海支部都市計画委員会
    共催:名古屋まちづくり公社名古屋都市センター
         出展募集チラシはこちら
         出展ガイドはこちら
         ご案内はこちら
    →終了しました

  • 親と子の都市と建築講座「中津川宿の地区修景模型づくり」

    中津川市本町中山道地区をモデル事例として,まち歩きや模型づくりを通じて伝統的景観の修景を学びます。

    主 催:日本建築学会 東海支部 都市計画委員会
    共 催:中津川市/中津川市教育委員会/(公社)こども環境学会
    日 時:8月28日(日)12:30-16:30
    会 場:中津川市中央公民館 2-1学習室
    対 象:小学4年生以上の児童とその親
    定 員:20組(応募超過の際には当方で選出とします)
    参加費:無料
    申込問合せ:
        都市計画委員会・東(名古屋工業大学兼田研究室付,
        Email: higashi.mio@nitech.ac.jp)まで
    →終了しました

  • 2016年度・親と子の都市と建築講座(創立130周年記念事業連動企画)
    「建築から考える災害への備えと体感的学習」

    主催: 日本建築学会 東海支部 構造委員会
    後援: 名城大学自然災害リスク軽減研究センター(NDRR)
    日時: 2016年7月31日(日) 13:00~16:00
    会場: 名城大学天白キャンパス 研究実験棟Ⅱ K-181(構造耐震実験室)ほか

    東海地方には南海トラフ巨大地震や岐阜断層帯を始めとする地震、関連する津波や台風による風水害など、備えておくべき自然災害は多い。本講座では、日本建築学会の創立130周年記念事業連動企画として、地域を担う次世代の小中高校生とその親の皆さんを対象に、学び・体感し・理解して備えるための企画を実施します。  具体的には、0)過去の震災や風水害を知る、1)直下型地震を実際に体感する、2)水害時の緊急避難用の組立式ボートの作成、3)木造住宅の骨組みの大地震時の再現実験の観察、等を行う予定です。  当日は、家具の耐震対策や災害時非常食等の展示コーナーも併設する予定です。
    プログラム
     ・13:00 主旨説明:武藤 厚(AIJ東海支部・構造委員会・委員長、名城大学)
     ・13:10 地震災害のレクチャと直下型地震の体験(並行)
             高橋広人、大塚貴弘(AIJ東海支部・構造委員会・幹事、名城大学)
     ・14:00 水害時緊急避難用ボートの組立と応急シェルターの作成
             阿竹克人(株式会社 阿竹研究所)
     ・15:50 1995年兵庫県南部地震時の在来木造戸建住宅の再現実験の見学
             武藤 厚(前出)
     ・15:55 まとめ
    定 員:20組
    対 象:小学生(高学年以上)とその保護者
    参加費:無料
    申込方法:「親と子(構造)」のタイトルで、7月10日までに下記へメールで申込
    申込先・問合せ:ohtsuka@meijo-u.ac.jp (名城大学・大塚)
    上記内容のご案内チラシはこちら
    →終了しました

  • 他団体行事:「JSCA中部構造デザイン発表会2016」

    主催: JSCA中部 (建築八団体連絡会所属団体)
    日時: 2016年6月30日(木) 15:00~18:40
    会場: 竹中工務店名古屋支店 名古屋センタービル9F大会議室
    会費: JSCA正会員・一般会員・賛助会員・学生 500円   非会員 1000円
    ■ご案内PDFはこちら /JSCA中部のご案内ページはこちら
    定員に達し、受付を終了いたしました
    →終了しました

  • 日本建築学会東海支部総会

    日時:2016年5月21日(土) 14:10~15:00
    会場:名古屋クラウンホテル6F「長良」の間 (名古屋市中区栄1-8-33)
    ※これに先立ち13時より日本建築学会会長:中島正愛氏による記念講演会がありますので是非ご参加ください。
    尚、当日総会をご欠席される支部会員は、建築雑誌3月号にとじ込みの「支部総会委任状」ハガキをご送付ください。

    →終了しました。

2015年度

  • 親と子の都市と建築講座
    「明治村を探索してクイズを解こう!」

    明治時代の建築について、クイズを通して親しみ、オリジナルポストカード作りなど体験を通じて学んでいただく企画です。
    主催 日本建築学会東海支部(歴史意匠委員会)
    共催 博物館明治村(予定)
    日時 11月1日(日)10:00~15:00 会場 博物館明治村三重県庁舎(9:50までに集合)
    対象・定員 小学校4,5,6年生の児童と親 先着10組まで。
    参加費 無料(明治村入村料は自己負担)
    事前参加申込みについて
    申込み期間:10月1日(木)~10月25日(日)
    下記アドレスまでメールにて申込みください。
     amiura@meijo-u.ac.jp(名城大学,三浦)
    なお申込みの際に,以下のフォーマットをご利用ください
    *  *  *  *  *
    ・親と子の都市と建築講座(明治村)に参加します。
    1) 本人氏名:
    2) 保護者氏名:
    3)学 年:
    4)学校名:

    →終了しました。
    • 建築ウォッチング「みんなの森 メディアコスモスを巡る」

      2015年7月に開館した「みんなの森 メディアコスモス」は,伊東豊雄氏の設計により岐阜大学医学部跡地に建設された市中央図書館を中心とした複合施設です。大きな木造格子の屋根のもとに,知(新図書館),文化(展示ギャラリーや多目的ホール等),絆(市民が交流する施設)などを備えており,市民に広く開かれる数多くの工夫がなされています。是非この機会にご見学ください。
      主 催:東海支部事業委員会
      日 時:10月24日(土)13:30~16:30
      定 員:30名(申込先着順)
      場 所:みんなの森 メディアコスモス
      申込方法:
      1) 一般・学会会員の別、氏名、年齢、生年月日、性別、住所、連絡先(E-mailアドレス,またはFAX番号)を明記し、E-mail、またはFAXにてお申し込みください。これらの情報は、抽選結果の連絡や当日の保険加入手続きのためにのみ使います。
      2) 申込先:日本建築学会東海支部
      「建築文化週間 建築ウォッチング」係宛
           E-mail;tokai-sibu@aij.or.jp  FAX;052-201-3601
           ご案内はこちら
        ※10月中旬頃に、抽選結果をお申込者全員にお知らせいたします。
      →終了しました。

  • まちづくり広場・東海2015

    市民活動団体、行政、企業、大学研究室等による建築・都市に関わる活動事例のパネル展示を行います。パネル展示スペースを使った資料配布等も大歓迎です。
    現在、出展団体を募集中です。
     また、今年は、来場者による投票での優秀パネルの表彰と活動報告会の時間を建築学会東海支部まちづくり講演会の開催に併せて予定しております。
      出展希望・活動報告参加ご希望の方は、7月31日までに中部大学・松山明まで ご連絡下さい。
      (E-mail:matsuyamaakira@isc.chubu.ac.jp)
     なお、ポスターの印刷を希望される場合、8月31日原稿提出締切です。
     展示期間:2015年9月15日(火)~9月27日(日)
          開始時間:10:00
          終了時間:火~木18:00、金20:00、土・日17:00
     活動報告会:2015年9月26日(土) 13:00~14:00
     まちづくり講演会:2015年9月26日(土) 14:00~16:00
     場所:名古屋都市センター(中区金山町1-1-1 金山南ビル11階)
     主催:東海支部都市計画委員会
     共催:名古屋まちづくり公社名古屋都市センター
       出展募集チラシはこちら
       出展ガイドはこちら
       ご案内はこちら

    →終了しました
  • 親と子の都市と建築講座
    「積み木でアーチを完成させよう!」

    アーチは安定した構造であることは、古くから知られており、紀元前に建てられたアーチ構造は、今でも現存しています。この古代の知恵は、現在でも活用されており、大スパンが要求される構造、例えば、競技場の屋根などに使用されています。
    本講座では、皆で協力し、ものづくりの面白さを体験することを目的としたアーチ作りを行います。この講座で作成するアーチは、ⅰ)接着剤を用いない、ⅱ)電気を用いない、ⅲ)リユースが可能である、ⅳ)ゴミの排出がない、ことを特徴としています。ふるってご参加ください。
    (1)日時:8月1日(土曜日)10:00~16:00
    (2)場所:とよた科学体験館(豊田産業文化センター内)
    名鉄「豊田市」駅から徒歩5分、愛知環状鉄道「新豊田」駅から徒歩3分
    (3)主催・共催:日本建築学会東海支部材料施工委員会、とよた科学体験館
    (4)対象者:小学生以上(小学生未満は保護者同伴)
    (5)スケジュール:随時、体験
    (6)参加費:無料
    (7)申込み:当日直接会場
    (8)問合せ先:国立豊田工業高等専門学校 山本 貴正 E-mall: takamasa@toyota-ct.ac.jp
    上記のご案内はこちら

    →終了しました
ページの先頭へ戻る